最初と2回目のメールの基本

女性は男性から多くのメールをもらいます。自分が送った最初のメールは多くのライバルが送信したメールの中に埋もれている1通なわけです。その多くのメールの中から発見して読んでもらい、興味を持ってもらって、さらに返信してもらわなければなりません。例文の通りではだめです。へなちょこでも自分の言葉が良い結果を呼びます。

最初のメール(ファーストメール)

最初のにどんなことを書けば良いのか内容を考えてみると、

<タイトル>興味を引く一言文

<本文>

挨拶文(はじめまして・・など)

自己紹介文(名前や年齢その他自分の事を紹介)

話題(相手が興味を持っていることに触れ)

質問(相手が返信しやすいながれに持っていく)

といったところです。

別に悩むことなどありません!相手に興味をもって返信してもらえればどんなカタチでも良いと管理人は思います。

管理人的には気軽に自分らしいメールを書いた方が返信率が高いです。

メールテクサイトなどの例文みたいなメールだと返信は少ないです。

たぶん、みんなやってるから同じようなメールになってしまい埋もれてしまいます。

最初のメールは返信してもらわなければ意味はありません。

▼タイトルでメールを読ませる!

返信率を高めることを考えると、一番重要なのはタイトルの一言です。

普通のメールでは「はじめまして」などの挨拶で始めますが、それでは目立たずせっかくの最初のメールを読んでもらえないかもしれません。

「はじめまして・・」などは本文に書けばOKです。

まずは、このタイトルを、相手の興味を引く一言にします。

相手のプロフィールなどで興味がありそうなことや自分と共通する点を探し、自分ならメールを開くようなタイトルにしてください。

▼本文でメールを返信させる!

次に、本文ですが、重要なのは相手が自分に興味をもってくれることです。

したがって、自己紹介よりも興味がありそうな話題や自分と共通する点を重視して書いていた方が返信率は高いです。

サイトにはプロフィールもありますしメールで自己紹介を詳しく書かなくても問題はないと思います。

本文の順序は特に考える必要はありません。

いきなり質問からでも良いと思います。

とにかく興味を持たせ返信しやすい流れにするということが最重要です。

▼送るタイミングを考える!

例えば、掲示板に女性が書き込んだ場合、男性からメールが送られる。

このとき、最初に送られた男性のメールは見てもらえる率はとても高いし返信をもらえる率も高い、後になればなるほどその率は下がってしまいます。

なのでタイミングも見極めるようにしましょう。

なにも、ライバルが多い掲示板書き込み直後を狙う必要はありません。

ライバルのメールがひと段落した後を狙うのも良い方法です。

この場合メール内容やプロフィールでしっかり魅了するようにしておけば返信率は高いです。 

第2のメール(セカンドメール)

返信があったらうれしい!

精魂込めて書いたファーストメールで返信がもらえたら、とてもうれしいです。

返信メールには質問の答えや反対に質問などがあるかもしれません。だんだんワクワクしてきますね。

こんな気持ちにさせてくれた相手へのセカンドメールには必ずお礼文を入れておきましょう。

どんな内容?2回目なので意外と書きやすいと思います。 返信メールのお礼(返信がもらえてうれしいことを表現する)、話題(ファーストメールに書けなかったことなどがあったらそれ)、 質問(またまた相手が返信しやすい流れに持っていく) といったところです。

ここで注意したいのは、返信があったからといって、メル友になったわけではありません。

うれしさのあまり舞い上がって、ファーストメールで得た雰囲気を崩さないようにしましょう。

気軽な恋愛・割切り・H目的でかなり使えるサクラなしの優秀出会い系はここだ!>>